野村不動産アーバンネット(株)は11日、同社が運営している不動産情報サイト「ノムコム」(http://www.nomu.com)で、「3D ウォークスルー動画機能」と「レコメンド物件メール配信サービス」の提供を開始した。

「3D ウォークスルー動画機能」は、物件内を歩いているかのように体験できるもので、あらゆる角度から自由に物件を閲覧できる「インサイトビュー」、物件全体を間取り図のように真上から閲覧できる「フロアプランビュー」、「物件全体の3D空間を立体的に閲覧できる「ドールハウスビュー」の3種類のメニューを用意している。

物件になお、スマートフォンに専用のアプリケーションをインストールし、VRゴーグルにセットすれば、よりリアルなウォークスルー体験ができるという。

レコメンド物件メール配信サービスは、物件の閲覧履歴データから、顧客の嗜好に合わせた最適物件をメールで配信するサービス。あらかじめ条件を絞り込む必要がなく、また購入検討社が地震では気づかなかった希望条件も導き出すことができるという。

 

元記事 R.E.port