(株)毎日コムネットは10日、食事付き学生寮「カレッジコート平和台」(東京都練馬区、総戸数178戸)のプレス向け見学会を開催した。

同物件は、三井不動産レジデンシャル(株)が開発、毎日コムネットが一括で借り上げ、運営・管理を行なっていく。

東京メトロ有楽町線・副都心線「平和台」駅徒歩6分に位置。鉄筋コンクリート造地上7階建て、敷地面積1,393.28平方メートル、延床面積4,506.09平方メートル。

居室タイプは1Rで、全14タイプ。専有面積は15.76~16.88平方メートル。ユニットバス、洗面台、トイレがあり、ベッド、机と椅子、冷蔵庫などが備え付けられている。

管理人夫妻が常駐するとともに、栄養士により考案された朝夕2食が共用部の食堂で提供される。月1でビュッフェスタイルや郷土料理・世界の料理を楽しめるフェアも実施する。また、病気のときは部屋までおかゆを届けてくれるサービスも用意する。

全90席の食堂は、ゆったりとしたスペースを確保。入居者同士がコミュニケーションをとりやすいように、畳敷きの小上がりスペースも設ける。プロジェクターを投影できるホワイトボードも設置し、ミーティングにも活用できるように配慮した。

賃料は6万9,900~8万4,400円。食費(月額)は1万8,000円(税別)。月額管理費は1万7,500円。保証金は10万円。4月1日より入居を開始しており、入居率は100%。属性は男性90名(51%)、女性88名(49%)。通学校は青山学院、学習院、上智をはじめ、35大学と専門学校など。

賃料に食費、管理費を加えると、周辺物件より割高となるが、管理人常駐と、食事付きという点が、離れて暮らす親にとっての安心感につながり、高評価を得た。

毎日コムネット代表取締役社長の伊藤 守氏は会見で「われわれが考えている以上に寮タイプのニーズは高いと感じている。よりマーケットを精査して、20~30年後にわたって安定して運営していきたい。大手も学生事業に注目し参入しているが、長年培ってきた管理・運営のノウハウを提供することができるので、当社にとってプラスになる」などと述べた。

 

元記事 R.E.port